低収入が20代で1000万円貯めて感じた5つのデメリット

こんにちは、そらです!

今回は低収入が20代で1000万円貯めて感じたデメリットについて書いています。

手取り18万円、手取り年収は200万円台で何とか1000万円貯めることができたわけですが、貯めたことで良い面もあれば悪い面もあるなと思いました。

デメリット1 機会損失がかなりある

20代のうちに貴重な20代を貯金メインで過ごしてしまったので今思うと色々な機会損失があったと感じます。

旅行や遊びに行くと必ず赤字になるので、旅行は年1回、遊びに行くことは月0~1回ぐらいでした。

なので、海外旅行や高級レストラン、高級旅館とか、20代子どもを産む前にやっておけば良かったなぁと思うことがたくさん。

当時はお金を貯めるのに必死すぎて、やりたいことを押さえ込み、だいぶ視野が狭かったです。

特に海外旅行はもっと色々な所に行ってみたかった!

デメリット2 単純に辛い

節約開始後、生活レベルを落として一年位が一番辛かったです。

実家暮らしの時は何も考えずに服や遊びなどに使っていました。

そんなフリーダムな生活レベルをワンランクダウンさせて、一気に自分の使えるお金がほとんどないレベルまで落としたのでかなり辛かったです。

最初は節約に慣れず、100円のぱん一個買うのも悩み何故こんな節約しないといけないのかと低収入を嘆いたり、

買ったら買ったで、あぁー使っちゃったーと落ち込んだりしてました。

そら
そら
買うのもストレス、買わないのもストレス!

本当に節約することがストレスでどうやりくりしようかと、お金の事ばっかり考えてました。

デメリット3 家賃節約で家はボロい賃貸

家賃を抑えるために、築数十年のボロボロの賃貸に住んでます。友達を家に呼ぶのが恥ずかしい・・・。

マイホームに憧れるけど、手が出せないです。

旦那も持ち家願望ほぼ0だし多分このまま賃貸なんだろうな。

デメリット4 女を捨てがち

髪の毛や服、コスメなどにお金をかけれないため、女を捨てがちに。

女子力が皆無!!!

  • 髪の毛を染めるお金やパーマをかけるお金がもったいないのでずっと黒髪ショートのストレート。
  • 一時期は100均のファンデーションを使う
  • 一時期はスキンケアが3000円代のオールインワン一個
  • 美容院は年1回
  • 洋服はメルカリなどの中古で1000円以下のを年5着ぐらい。
  • 靴は3~10年前に買った靴をまだ使用。
  • バックは3000円のをポイント使用し120円で購入

とこんな感じで、とにかく女を捨てた生活をしていました。

雑誌にあるような女子力高い女子に憧れていましたが、お金的に無理でした。

デメリット5 友達が減る

友達と会うとお金を使うので、自分から誘うことが無くなり年1回位しか会わなくなってしまいました。

旅行に誘われたときも「楽しそう」より「お金かかる!」が真っ先に浮かんできて、なかなか楽しめなかったことも。

人との繋がりはもっと大事にしておけば良かった・・・と後悔しています。

まとめ

低収入が20代で1000万円貯めて感じたデメリットについて書いてきました。

今思うともう少し緩めに好きなことに寄り道しながら貯めれば良かったなぁと思います。

何にせよ自分に合ったペースで貯めるのが一番ですね。

関連記事

・20代で1000万円貯めたい! ・一人暮らしの節約術が知りたい! ・低収入の一人暮らしでも、1000万円貯金したい! [word_balloon id="2" size="M" position="L" name_position=[…]

関連記事

こんにちは!そらです! [word_balloon id="4" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" ball[…]

関連記事

お金が無いけど結婚式はしたい!ということで、結婚式は超節約しました! 親族のみ25名のこじんまりとした式です。 結婚式にかかった費用の総額は 約110万円。 25人の結婚式平均金額の160万と比べ 50万円ほど[…]

スポンサーリンク